真浄寺の歴史

大本山所蔵の『洞門政要』によると、創建は文明年間とあります。その後堂宇を改築し、器物を整え、人心の安心のために天文2年に中興開山されました。
現在の本堂は享保12年に再建、築庭も行われ現在にいたります。